02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

「病気が治る人は病気を忘れた人」

2011.03.09 (Wed)

腸閉塞を患ってからというもの、食生活にかなり気を使ってます。
それから、腸閉塞に関する記事やブログを読むことが多くなりました。

これは先日拝見したブログの記事に書いてあった一言だったのですが、

「病気が治る人は、病気を忘れた人」

この言葉を読んで、なんだかドキッとしちゃいました。

ちなみに、この言葉は、下記の本に紹介されているそうなのですが、まだ読んでません。

『快癒力』― そのイメージを変えれば健康になれる 【篠原佳年 著】

早速、アマゾンで注文しちゃいました(*^^)v

最近、私は腸閉塞のことばかり気になって、
いつも「再発しないように」と、そればかり考えてしまっていたんです。

食事の最中は、噛むことばかりに専念しちゃって、
他のことに目を向けることがなく、会話不足になってしまったり、
少し大きな塊を飲み込んでしまった時は、
「あっ!しまったぁ~(>_<) 大丈夫かな?」とその度に心配してドキドキしてしまったり、
一人で食べた方が自分のペースで食べられて楽かな~って考えたり・・・。

でも、それじゃ食事がつまらなくなって当たり前。
イマイチ元気が出なくても当然かもしれない。
常に再発防止に気を使っているってことですもんね。

もちろん、よく噛んだり、再発をしないように気をつけるのは当然なのですが、
いつもいつもそればかり考えていたら、リラックスなんて出来ない。
腸はストレスに敏感ですから^^

四六時中「腸閉塞になったらどうしよう」そう考えて過ごすより、
少しそのことを忘れて、他のことに目を向けることも必要ですよね。

再発を予防するにはどんなことに気をつければいいってことは、もうわかっているつもりだし、
これ以上、あれこれと調べることはもう必要ない。
そんな気がしました。

・・・と、腸閉塞の再発のことはなるべく考えないようにしようと思っていたのですが、

最近、うつが顔を出さなくなってきてるような気がするんです。
退院後、ずっと再発しないようにと気持ちがそっちに向いちゃってるから
もしかして、うつ病を忘れちゃってる?(^。^)

だったら、腸閉塞のことを常に考えていた方が、うつ病にはいいのかな?

なんだか書いていることが矛盾してますよね・・・・。すみません(笑)

今までは月1くらいのペースでひどい落ち込みがあったのですが、
退院してから、全くありません。
不安定になると涙が止まらなくなってしまうことが多かったのに、
退院後、全然泣いてないんです。

これはちょっと不思議・・・。

アルコール依存症の場合も、
「断酒日数を数えているうちは、お酒に囚われている」という話も聞きますし。

病気が治る人は病気を忘れる人。
もしかしたら、うつ病やアルコール依存症にも当てはまるのかもしれないですね。


断酒 1,313 
いつも応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。
スポンサーサイト
2011.03.09 (Wed) 14:15  |  腸閉塞  |  Comment(9)  |  Trackback(0)
 | HOME |