03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--  |  スポンサー広告

ある日の出来事

2013.04.02 (Tue)

数日前の夕食時のことです。

その日のおかずがお酒に合いそうなモノだったので、
久しぶりに長男がビールを飲むことに。

「プッハーッ!!
と言いながら、最初の一杯を美味しそうに飲みほした長男。

「くっそ~!!羨まし~~いっ!!」と私。 (口が悪くてすみません

そして・・・子供達と私の笑い声。

長男 「わざとやった

「わざと~? 意地悪ーー!!

『あははっ


長男は私を試したのかもしれません。

『もうお母さんは飲まない。』
そう思っていても、心のどこかで不安な気持ちがあるのかもしれない。
もう大丈夫だと思うけど、でも、本当に大丈夫なのだろうか・・と。

10年近くも昼間から酔っぱらっている母親を見続けてきたんですから
当たり前のことでしょう。

私が明るく言い返したことで安心したかもしれません。


今は子供達がひねくれず育ったことに感謝です。


断酒 2,068
いつも訪問してくださってありがとうございます

スポンサーサイト
2013.04.02 (Tue) 09:54  |  アルコール依存症  |  Comment(0)  |  Trackback(0)

ムチウチ・・・その後

2013.04.04 (Thu)

交通事故でのムチウチの話になりますが・・・

背中の痛みがなかなか取れず、昨日、MRIを撮ってきました。
(保険会社から医師へ詳しい診断の要求があったようです)
頸椎と腰椎の二箇所。一箇所20分、計40分程かかりました。

整形外科にはMRIは無いので、近くの大きな病院でMRIの予約を取り→撮影を済ませ→
整形外科→医師の診察・・・。

結果、腰の方はほとんど問題は無いようでしたが、
首の方は、骨と骨の間(これって椎間板?)の膨らみが3か所ありました。

[この画像は他のサイトのもので、私の画像と似ていたので拝借いたしました]

頸椎 MRI

私の画像は、三箇所とも上の赤丸で囲った部分くらいの状態だったと記憶してます。

医師は「もう少しかかりそうだね。」と言ってましたが、
元の状態に戻るとも思えないので(年齢的なものも含めて)
結局は、これ以上酷くならないように自分で気を付けるしかないのでしょう。


断酒 2,070
いつも訪問してくださってありがとうございます


食いしばりの影響でだんだん歯並びも悪くなってきて、
気が付くと下あごが疲れてます。
やっと歯の方へ気持ちが向き始めたので歯科へ通い始めました。
明日は歯医者さんに行ってきます。
2013.04.04 (Thu) 20:26  |  その他  |  Comment(2)  |  Trackback(0)

心のコミュニケーション

2013.04.11 (Thu)

先日、心療内科の主治医がローカルテレビに数分間、出演したのですが、
今回はその内容について書きたいと思います。


「人とコミュニケーションをとる時、
 こちらが「10」の力で投げたと仮定して、相手はいくつの力で投げ返してくれると思いますか?」

このような先生の言葉から始まったのですが、
番組のアナウンサーらしき人が
「『5』くらいでしょうか?」と訊き返したところ、

「それは良い家族やお友達をお持ちですね」との応え。

えっ?いくつなの?と思っていたら・・・

「実は『2』なんです。2の場合もあれば、1、マイナスの場合もあります。」
「もちろんもっと強い力で投げ返してくれる人もいますが、
 そういった人は少なく、たくさんの患者さんを診てきて、
 経験上「2」だと考えていいと思います。」

さらに先生の話を聴くと、
「10」の力で投げても「2」の力で返ってくることを知っておいて欲しい。
そんなものだと解っていれば、相手側の受け答えがその程度の力でも
期待をせずにガッカリすることが少ない。
逆に、「2」だと解っていれば、
それ以上の力で戻ってきたときに喜びがより強くなる。

また、こちらに余裕があれば「10」ではなく「5」で投げることができる。
こちら側が「5」の力で投げた場合も相手側が「2」であるということは変わりません。

これらを知っておくと、心を病むことが少なく、
人とのコミュニケーションを図りやすくなる。

実際の先生の言葉とは少し違う部分があるかもしれませんが、
簡単に説明すると、このようなお話でした。


そっかぁ・・・「2」かぁ~

そうだ!夫のことを「2」と考えよう!いえ、「1」「マイナス」かも(笑)
確かにそう解っていれば、夫に対するイライラがかなり軽減するような気がします。

私、今まで夫に期待しすぎてたようです。
「10」で投げたら「10」で返してくれるものだと。
その程度なのか~と思えば、肩の力も抜けそうな気がします。

それに、今は夫に対して「10」の力で接していませんし、お互い様ですね^^

本当は、
最初から相手側の力が「2」くらいだと想定しているのも少々寂しい気もしますが、
感受性が強い人間にとってはこのくらいの考え方が良いのかもしれません。


断酒 2,077
いつも訪問してくださりありがとうございます
2013.04.11 (Thu) 21:08  |  うつ病  |  Comment(0)  |  Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。