05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

『メイちゃんのかぎ(仮)』

2010.01.18 (Mon)

これは、前記事の「ホントのはなし」をもとに書いた童話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ぼくは、「キー坊」。
メイちゃんのおへやのかぎなんだ。

メイちゃんとお出かけするときはいつもいっしょ。

公園に行くときもいっしょ。
おかいものに行くときもいっしょ。

大好きなメイちゃん。
これからもずっとなかよしさ。』


ところがある日のこと。
お出かけのとちゅう、メイちゃんがあっちこっちよそ見ばっかりしていて
ぼくから手をはなしてしまったんだ。

メイちゃんはそのまま気がつかずに行ってしまった。

「待って!!ぼくはここにいるよ!」

だけどメイちゃんには聞こえない。

メイちゃん、さみしいよ。
ぼくをむかえにきて。

ぼくは泣いた。

ずっと泣いた。

メイちゃんはむかえにきてはくれなかった。
ぼくのこと、わすれちゃったのかな?

でも、ぼくはずっと待ちつづけた。

あたりが少しずつさむくなり、風がつよくなってきた。
〈チャリチャリ・・・・〉
ぼくは、メイちゃんが手をはなした場所からどんどん遠くへころがってしまった。

「ああ、ダメだよー!
メイちゃんが探しにきた時、ぼくの場所がわからなくなっちゃう。」

でも、ぼくにはどうすることもできない。


そこへ、大きな犬があらわれて、ふしぎそうにたずねた。
「きみはだれ?」

「ぼくはキー坊。メイちゃんのともだちさ。」

その犬は
「メイちゃん?しらないね。もう、新しいともだちができたんじゃないのか?」
そういうと、そっぽを向いて飼い主のおばさんのほうへ行ってしまった。

メイちゃん、本当にぼくのことを忘れてしまったの?
ぼくは一人ぼっちになってしまった。

しばらくのあいだ、ぼくが泣いていると
まっくらな空からキラキラ光る白いものが落ちてきた。

雪だ。
雪はどんどん降りつづけ、ぼくのまわりは真っ白になった。

「メイちゃん、寒いよ・・・。」

いつの間にか、ぼくはだれからも見えなくなっていた。

ぼくの体は、すっかり雪の中にかくれてしまった。
もう、だれにも気がついてもらえない。

メイちゃんはいつになったらぼくを見つけてくれるの?


ぼくのなみだが氷になって・・
やがて水になり、あたたかい春がやってきた。

ぼくはワクワクしていた。
メイちゃん、ぼくのこと見つけてくれるかな?

おひさまがのぼると、
黄色いぼうしをかぶった子供たちが、ぼくの体をつっついてきた。

「いたいよ。やめて!」
でも、子どもたちには何もきこえない。

〈キーンコーンカーンコーン〉

その音がなると子供たちはどこかに行ってしまった。

メイちゃん、いつになったらぼくのことを見つけてくれるんだろう。

ぼくは待ってるよ。

だんだんとお日さまの光がつよくなって、
いつのまにか、もう夏だ。

ぼくは自分でうごけない。あついよ・・・。

メイちゃん、いまごろ何してるのかな?
また、ジュース飲んでおなかこわしてないかな?

いつも冷たいジュースを飲みすぎて、おなかがいたくなっちゃうメイちゃん。

あの時からひとつおねえさんになったから、きっともう大丈夫だよね。


いつのまにか、すずしい風がふきはじめ、秋がきた。
メイちゃんがぼくの手をはなしてから1年がすぎた。

いつまでたってもメイちゃんはぼくのことを見つけてくれない。

メイちゃん・・・、いつになったらぼくのことを見つけてくれるの?

ずっとずっと泣きつづけたぼくは
いつのまにか、ねむってしまった。


夢を見た。

メイちゃんがぼくを見つけてくれる夢だ。
明るい元気なメイちゃんがうれしそうにぼくを見て笑ってるんだ!
「おかえり」・・・って。


・・月日はながれ、
ぼくとメイちゃんがはなればなれになって2年がすぎた。

ぼくの体はもうボロボロだ。

銀色だったぼくの体は、
キラキラの皮がはがれて、茶色いヘンテコな色になってしまった。

これじゃメイちゃんに気がついてもらえない。

ぼくは悲しくなってまた泣いてしまった。


その時だ。

ぼくの近くでコツコツコツ・・と足音がした。

あっ、メイちゃんだ!
いかないでメイちゃん!ぼくはここにいるよ!

メイちゃーん!

ぼくは思いっきりさけんだ。

その足音は、ぼくの前を通りすぎてから、
やがて・・またぼくのほうへやってきた。

メイちゃんは、ぼくをじーっと見つめ、キョロキョロとあたりを見まわすと、
はずかしそうな顔をしてぼくの手をつかんだ。

メイちゃん、これからお出かけかな?

カバンにしまったぼくを見て、にこにこしてるメイちゃん。

ぼくの手をはなしたあの時よりも
ずっとずっと、しあわせそうな顔をしている。


『もうぼくのこと、はなさないでね。

 メイちゃん、これからもずっといっしょだよ。』

断酒 898 
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
2010.01.18 (Mon) 21:19  |  その他  |  Comment(10)  |  Trackback(0)

コメント

キー坊・・・

僕には錆びつきながらもメイちゃんを信じて待ちわびるキー坊の逞しい姿がしっかりと思い浮かびましたよ。
犬とのくだりは本当に想像力を掻き立てられました。
mammyさん、童話の才能ありますよ。
ほんと、真剣に食い入るように読んでしまいました^^
>ぼくの手をはなしたあの時よりも
ずっとずっと、しあわせそうな顔をしている。=2年のmammyさんの頑張りは皆が目撃しています!

素敵なお話、有難う!!
三太郎 |  2010.01.18(月) 22:51 | URL |  【編集】

三太郎さんへ

きゃ~~!
嬉しいコメント本当にありがとうo(*^▽^*)o~♪
こういった評価が待っているとは想像してなかったし、
童話なんて書くの初めてだったから、ホントに嬉しい(^-^)

目指せ!童話作家(`・ω・´)v・・ですかね(笑)

ちょうど鍵を失くしたのが、断酒を始めて少し経った頃だったから。
気持ちも入り込みやすかったのかもね^^

こちらこそありがとう^^感謝です(^^ゞ
mammy |  2010.01.18(月) 23:00 | URL |  【編集】

v-424おぉ~v-405
え~感じの童話ですやんっv-411

これ息子達に読んでやろかなv-396
じゅんパーちゃん |  2010.01.19(火) 00:27 | URL |  【編集】

じゅんパーちゃんさんへ

わぁ~e-343ありがと!
イイ感じかな?(笑)

子供たちが小さかったら
もっと創作意欲が湧いたかも(^_-)-☆
コメ、サンキューです(^^ゞ
mammy |  2010.01.19(火) 11:00 | URL |  【編集】

mammyさん、すごい!!
ダメ、知ってるよね、私がこういうのに弱いの。
今パソコン見ながら泣いてるから、家族が何、何言ってる・・・v-218

思いっきりキー坊に感情移入してしまったよ。ずっと大好きなメイちゃんを待ってるキー坊。
寒いし、不安だし、寂しいし・・・でも待ち続けて。

ぼくの手をはなしたあの時よりも
ずっとずっと、しあわせそうな顔をしている

これは今のmammyさんだね。

いい話だね・・・マジ大泣きです。こんないい話で泣かせてもらって感謝だよ~。
omame |  2010.01.19(火) 21:12 | URL |  【編集】

ありがとう~(*^^)v
もしかしたらomameさんはウルウルしちゃうかな~って思ってました。

なぜかというと・・・
実は自分で書いて、自分で泣いてしまったんです、私(///∇//)
最初は「メイちゃん」の部分、自分の本名で書いてたの。
だからかな?^^

omameさんが童話でも書けそうだね・・って言ってくれたからだよ(^_-)-☆
こちらこそ、感謝です。本当にありがとう!(^^)!
mammy |  2010.01.19(火) 21:26 | URL |  【編集】

すごーい!☆

これ、mammyさんの創作ですよね?

先日、2年前になくした鍵が、偶然 見つかったっていう。

はじめ、「私も、なんの童話だろう?」と、思って読んでいましたが、途中で 気づきました (^o^)

『これからも 一緒だよ』、最後の言葉が、またまた 良いですね~♪

それにしても、素晴らしい才能を お持ちです。 mammyさん☆


レナ |  2010.01.19(火) 23:40 | URL |  【編集】

レナさんへ

こんばんは~^^
そうなんです。先日の話を元に、童話にしてみました。

先日の失くした鍵の日記を見てくれてたんですね!
嬉しいです(^^ゞ

本当はちょっと恥ずかしかったのですが、アップしちゃいました(*^^)v

> それにしても、素晴らしい才能を お持ちです。 mammyさん☆
イエイエ、恐縮しちゃいます(///∇//)

コメントありがとう!とっても嬉しかったです^^
mammy |  2010.01.19(火) 23:50 | URL |  【編集】

おはよう^^

なんか ジーン としたよ(^-^)
mammyさんの心の中に暖かい風が入ってきてるのかなぁ??
という印象です(*^^)v

キー坊(勝手に呼んでしまった)見つかって良かったね♪
みりん |  2010.01.21(木) 09:49 | URL |  【編集】

みりんさんへ

こんにちは~^^
なんかね、昔の私だったらこの文章は書けなかったかな~
って思ってるんだ。
きっと今だから書けたんだと思う(^-^)

私の心にも、この2年の間に大きな変化があったんだろうね^^

どうもありがと(^_-)-☆
mammy |  2010.01.21(木) 10:36 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://my40120.blog50.fc2.com/tb.php/418-32c851e9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |