05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

きっと君は変われるさ

2010.01.30 (Sat)

次男の不登校は相変わらず続いています。

人の視線が気になり、人と話すのが怖いのでしょうか・・・
未だに学校へは行ってません。

先日、古本屋さんで見つけた『きっと君は変われるさ』
秋元康さんの本。
次男、そして私も読んでみたらいいかも・・
そう思って買ってきました。

本人に直接渡すと押し付けがましいし、突き返されてしまうと思ったので
「読んで損はないと思うから、暇があったら一度読んでみてね」と
メモを書き、一緒に机の上に置いておきました。

まえがき
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昇る梯子(はしご)

君が悩んだり、落ち込んだりするたび、君の前には壁ができる。
たいてい、それは乗り越えるには高すぎて、
その壁を避けて迂回するには長すぎる。

仕方なく、君はそこにしゃがみ込み、ため息をつく。
「最悪」
そんな時、君は誰を恨むだろう?
サディストな神様?
頼んでもいないのに生んでくれた両親?
言葉だけで手を貸してくれない友達?
思い通りにならない恋人?
あちこちに悪態をつきながら、吐いたツバはやがて、
自分に帰ってくる。
「自己嫌悪」

ちょっと待って。
そんな狭い世界に閉じ籠って、一人で何をぶつぶつ言っているの?
君の前の壁に、独り言を言っていても、何も始まらない。
残念ながら、呪文で、岩の扉が開くような奇跡は起きないんだ。
だから、僕は、君に梯子を用意した。
昇ってみるかい?
梯子の一段に足を掛けただけでも、さっきまでとは違う世界が見えてくるはずだ。

きっと君は変われるさ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この本は、このような「まえがき」で始まります。

私は読み終えましたが、
自分にも当てはまることがいっぱいでした。
内容も、中学生でも十分理解できるよう書かれているので、
ほんの少しでも次男の心に響いてくれると嬉しいのですが・・・・。

その前に、本を開いてくれるかどうか・・・σ(^_^;)

断酒 910 
いつも応援していただきありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。
スポンサーサイト
2010.01.30 (Sat) 19:46  |  子供  |  Comment(14)  |  Trackback(0)

コメント

前書きだけで・・・

僕も考えさせられますね。(38歳にもなるのにね)
ましてや息子さんは中学生・・・ゆっくり行きましょ。 きっと、、いや 必ずmammyさんの思いは実るはずです!
三太郎 |  2010.01.30(土) 20:56 | URL |  【編集】

三太郎さんへ

こんばんは^^
すごくわかりやすくて、勇気をもらえる本だったかな。
私にとっても、もちろん良かったんだけど、
難しい言い回しも無くて、次男の年頃・・思春期の年代を対象にしてる感じでした。

読まなくてもいいから、「いつも○○のことをちゃんと見てるからね」・・って
そういう意味も含めて、本を置いたつもり。
少しでも届くといいな・・。
ありがとね(*^ー^)
mammy |  2010.01.30(土) 22:35 | URL |  【編集】

同じく考えさせられてしまいます。
(53歳にもなって・・・)
自分で孤独へ追い詰める所あるからね~
壁を作ったままおっさんになるより、今向き合う事は大切な事。きっと思いは通じますよ!
syousuke |  2010.01.30(土) 23:50 | URL |  【編集】

syousukeさんへ

こんばんは^^
syousukeさん、年齢を暴露しましたね(笑) 知ってましたけど♪

このまえがき、自分で本を見ながら入力したせいかもしれないけど、
読めば読むほど考えさせられちゃってます。

読んでみて、この本は今の次男に特に読んで欲しいと思う内容でした。
最悪、読まないにしても、
「自分は見守られてる」っていう安心感が生まれたらいいな、と思ってます。
きっと通じますよね。そう信じたいです。
自分の息子ですから^^
コメントありがとうございました(*^ー^)ノ
mammy |  2010.01.31(日) 00:22 | URL |  【編集】

あせらないで・・・・

うちにも、中学生の娘がいますが、先日も、
「今日は、なきすぎた」とか?
学校に行きたくないとか・・・・
でも、あせらないで、子供の事信じてやりましょう。
子供達も、私達の回復を、信じてくれているはずだから。
sunta |  2010.01.31(日) 01:06 | URL |  【編集】

suntaさんへ

焦りは、全然ないと言えばウソになります。
sunntaさんが、ブログをどの辺りまでを見ていただいたのかわからないのですが、
次男が学校へ行かなくなってから1年以上経っています。
でも、今は自分から心を開いてくれるのを待つつもりです。
時々、私の方が次男に引き込まれて落ち込んでしまうことがありますが、
なるべく楽観的に考えるようにしたいと思っています。
コメントありがとうございました。

それから・・・
身元不明の人からのメールが届く可能性があるかもしれないので、
メールアドレスは入力しない方がいいと思いますよ^^
余計なことかもしれませんが、気になったもので・・。
mammy |  2010.01.31(日) 01:31 | URL |  【編集】

次男さん、一時・・・えぇ~感じかなって思たけどやっぱ難しいねv-388
この本次男さんが開けてくれる事願ってますv-421
一歩ずつでも前進目指してv-219
mammyさんへ |  2010.01.31(日) 03:15 | URL |  【編集】

じゅんパーちゃんさんへ

最近、名無しさんになってることがたまにあるよ(^^♪
じゅんパーちゃんさんからって、すぐにわかるから大丈夫だけど(笑)

始業式、終業式はなんとか行けることもあったんだけど、
やっぱり難しいみたいですe-263
家族の気持ち、それから、応援してくれてる方々の気持ちが
少しでも次男に届くといいんだけどなぁ。
いつになることやらσ(^_^;)

追い詰めないように、でも、その気にさせるように・・・・
未熟な私にはなかなか難しいです(;´▽`A``
コメありがとう~(^^♪
mammy |  2010.01.31(日) 10:38 | URL |  【編集】

久しぶりのコメントです

mammyさん、おはようございます。

多感な思春期の子供には、これといった
効果的な方法が見つかりにくいですね・・・。

一番必要なのは、齢を重ねても
愛されているという充実感でしょう。

私は去年そのことを実感しました。

いつか、気付いてくれるのではないかな・・・。

これはエヴァのラストシーンですが
いいこと言ってますよ。

http://www.youtube.com/watch?v=FMxzavSqeQc

こういうのなら、見てくれるかも・・・!?

タカビー |  2010.01.31(日) 11:17 | URL |  【編集】

タカビーさんへ

こんにちは^^
子供それぞれ個性がありますし、どの方法が良い、
というのはなかなかわかりませんね。

私はエヴァンゲリオン、全部見ましたよ^^
ビデオも持ってたんです(過去形)。
以前、子供に話したことがあったのですが、
あまり興味がなさそうでした(*´Д`)=з

私もこれからいろいろと考えないといけないですね。

タカビーさん、心配してくださってありがとうございます^^
mammy |  2010.01.31(日) 11:34 | URL |  【編集】

なんと。
前書きだけで、納得してしまうものがある本ですね。
息子君・・・難しい年頃だね。
押し付ければ反発するだろうし。
何か、気持ちの変化 のきっかけがあるといいんだろうけど・・・
そんな簡単にはいかないだろうし・・・
ごめんね。
いい言葉が見つけられない・・・
omame |  2010.02.01(月) 13:20 | URL |  【編集】

omameさんへ

こんばんは^^
そうなんです。
気持ちのきっかけ。
何かきっかけがあったら、きっと行けると思うんだけど・・・。
息子にとって、何がきっかけになるか親の私でも全然わかりません。
本当に難しいですね。

私も考えすぎると落ちてしまうので、
なるべく楽観的に!!と思ってます。
コメントありがとう♪
mammy |  2010.02.01(月) 21:27 | URL |  【編集】

なんだか心の中を読まれちゃった気分^^
自分自身の後ろ向きな気持ち。
うまぁ~く表現されちゃったぁ^^;

息子さん 
本 開いてくれると良いね(^-^)
みりん |  2010.02.06(土) 19:46 | URL |  【編集】

みりんさんへ

秋元康さんの本ってわかりやすいね~・・ってこれしか読んだこと無いんだけど(^_^;)
簡単な表現のように見えるんだけど、
しっかり心を突いてくる。

次男も少しだけでもいいから読んでくれたらいいな^^
今は以前よりだいぶ明るくなってきたから、
この調子で前向きになってくれるといいんだけど・・。

コメ、こっちにもありがとね^^
mammy |  2010.02.06(土) 22:37 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://my40120.blog50.fc2.com/tb.php/421-b233cccc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |