05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

うつ病の始まり始まり~

2008.05.02 (Fri)

うつ病って・・・たぶん人によって症状が違うんだと思うんです。
その人が育った環境・・そしてストレス・・・・いろいろなものがみんな違うんですよね。

私は小学校の頃からうつ状態が少しずつ出始めてたみたいでした。
家にいても、な~んか私の居場所がないな~・・って思ってました。

私は3人兄弟です。私と妹と弟。
昔、母親に
「私は本当は男の子と女の子一人ずつが良かったんだよ」
「でも女の子が続けて二人できちゃったから
もう一人男の子が欲しかったから・・・って考えて、そうしたら弟が生まれたんだ」
って言われたんです。

私は生まれた時、死ぬか生きるかっていう状態だったらしいんです。
もし、私があの時死んでいれば・・、
ちょうど妹と弟の二人の子供で、母親の希望通りで良かったんだな・・・
それが母親の本音だったんだ・・・・その時の私はそう考えました。
たぶん私のことが嫌いだったのでしょう。
だから、母親はそんな話を・・・・
「本当は男の子と女の子一人ずつが良かった」なんてことを私に話したのかもしれない。
そうじゃなければ・・それが間違いであるならば、
・・・・母親はただ頭の悪い人間・・・そうとしか思えません。


その頃から、私は母親の顔色をうかがい、母親に遠慮するようになっていました。
家は裕福ではなかったので、私がお金を使わせてしまっている・・・
ずっとそんな気持ちで過ごしてましたし、
私さえいなければ・・・もっと家は余裕を持って暮らしていけるんだ。
だから私は邪魔な人間なんだ・・・そう思うようになったのはその頃からだったんでしょう。

私は小さい頃から爪を噛む癖がずっとぬけませんでした。
それにしょっちゅう原因不明の鼻血を出していたんです。
中学生の頃から頭痛と胃痛も毎日のようにあったので、薬も手放せませんでした。

その頃からでしょうか・・時々妙な感情に襲われることが多くなっていました。
心が気持ち悪い・・・モヤモヤして・・・泣きそうな気持ちになる・・・。
私なんかいなくてもいい・・そう思って死にたくなったり・・・

特に何か嫌な出来事があったわけでもないんです。
ただ、心が落ち込む、視線が空間を泳いでいるような状態で
ぼやーとして気力がない・・・・・・そんな状態でした。
これは他人に話してもなかなか理解はしてもらえないと思っていましたし、
他人の心の中は決してわからないものだと思うから。

高校生の頃、友達に話してみたことがあるんですが
「私はそんな気持になったことないよ」との返事。

やっぱり私って変なのかな?そう思ってました。

自分の机の引き出しにカッターナイフを入れておいて
何度もそれを手首に当てていたこともありました。
結局死ぬ勇気もなかったんですけど。

そして、それは社会人になってもずっと続いていました。
仕事中にひどい頭痛に悩ませられることはしょっちゅうありました。

そんな状態でお酒を覚えてしまったんです。
お酒は美味しいと感じていましたし、お酒を飲むと心が解放された気持ちになって
緊張が一気に解けていって心地よかったんです。

それからの私にはお酒は欠かせないものになっていました。
それでもまだ、自分がうつ病だなんて思いもしなかったし、
その頃はうつ病っていう病名さえ聞いたこともなかった。
その上まさか、アルコール依存症になるなんて、その頃の私は思いもしなかったんです。
スポンサーサイト
2008.05.02 (Fri) 00:50  |  うつ病  |  Comment(0)  |  Trackback(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://my40120.blog50.fc2.com/tb.php/5-f412489b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |