05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

なんと、腸閉塞になってしまいました

2011.02.03 (Thu)

自分のための記録として残しておきたいと思いますので、
興味の無い方はスルーしちゃってくださいね^^

元日の明け方近く、腹痛、お腹の張り、突然の吐き気、嘔吐。
吐くものは全部吐ききり、黄色というか、緑というか・・・
胆汁(でしょうか)も吐くようになってしまい、
私自身も「これはおかしい・・・」と思いつつも
朝、旦那が起きてくるまでの8時くらいまで必死で我慢していました。

しかし、尋常ではない私の様子を見て、
旦那が車で病院まで送ってくれると言ってくれたのですが、
元日だったので、開いている病院が遠くなってしまうらしく、
私が、「そこまで行くのに耐えられない」と駄々をこね(笑)
救急車を呼んでもらうことにしました。

救急車を呼んで運んでもらったのが、市内の当番医。
あまり大きな病院ではありませんでした。

先生が診察してくれたのですが、「尿管結石か膀胱炎でしょう。」と言って、
一度は家に帰っても良いと言われたのですが、私の吐き気が全然止まらず、
少し入院して様子を見ましょう。ということになったのです。

次の日は、2日。病院は休診なので、臨時で他の病院から来た先生が担当。
鼻から細い管を胃まで入れ、胃の内容物が自然に出てくるのを待っていたのですが、
全然効果なし。
3日も、また別の先生。同じく細いチューブでの治療。
結果は同じ。

4日になって、最初の先生が見てくれて、
「腸閉塞ですね」と教えてくれたのですが、
他の先生は知っていたのでしょうか???
全く何も教えてくれませんでした。
その間、水も飲めなくて、腸の動きを抑えてしまうという理由から、
抗鬱剤、眠剤をストップ!!
その影響でなんでしょうか・・・
耳鳴りはするし、幻聴、幻覚に近いものが現れ、
かなり心の動揺がありました。

もう一日様子を見ましょうということで、
ガスと便が少しでも出るように、体を動かしたりお腹を温めたり
いろいろ出来ることはやってみたのですが、
まるで効果が無し。お腹は張る一方。痛みも治まりませんでした。

5日、ついに・・・
「この病院より、心療内科がある大きい病院の方がいいよね?」
と言われ・・・
要は、この病院じゃ処置できないということなのです。
だったら、もっと早い段階で別の病院を勧めて欲しかったです。
そして、私の希望で、2年前に子宮を摘出した病院への紹介状を書いてもらいました。

こんなことを言ってはなんですが、
5日間も無駄な時間を過ごしたようで、少々悔しかったというのが私の本音です。

その病院を退院して、その足ですぐ転院。

いろいろ検査をした後、私のお腹を診て下さった先生は、
「このお腹じゃ苦しいでしょう。すぐに楽になりますからね。」

連れて行かれたのはレントゲン室。
なんだなんだ???

横にさせられた私に見えたものはお腹の上のレントゲン機材と先生の姿。
「できるだけ手術をしない方向で行きたいと思ってますから、頑張って」と。

心の準備も何も無いまま、先生が緑色のチューブ(イレウス管)を取り出してきて、
もう一人の先生が、透明のゼリーのような糊のようなもの(局所麻酔剤だと思います)
を右の鼻にたくさん入れてきたのです。
先生が、その緑のチューブを右の鼻に突っ込んできたのですが、
鼻が詰まっていたようで、なかなか入りませんでした。
こっちは詰まっているから、左にしましょうということで、
左側の鼻にまた局所麻酔剤を入れ、チューブを入れ始めたのですが、
直径が5~6mmのチューブなので、相当違和感がありました。

途中、チューブが喉を通るため、吐き気がありましたが、
治療のためには仕方ありません。我慢、我慢!!

イレウスチューブ
この写真は内視鏡がついてますが、ほぼこれと同じものです。

エコーを見ながら、チューブを鼻を通し、胃を通り抜け、胃の出口を探して、
その先の小腸まで入れていくのです。
その間、先生が映像を見ながら、チューブを入れては出し、入れては出し・・を繰り返しながら
進めていきました。
↓こんな感じです。
イレウスチューブ挿入

ここまでするのに、ベテランの先生だと30分くらいで小腸まで到達できるようなのですが、
慣れていない先生だったり、途中でトラブルがあった場合、
3時間以上もかかってしまうこともあるようです。

私は運よく、30分ほどで終わりました^^

そして、チューブの先から体の内容物(ほぼ水分)を汲みだし、腹部を減圧してもらいました。

これから数日間、このチューブから内容物を汲み出し、
圧迫されていた腸が動くようになり、ガスや便が出るまで様子を見ましょう。
ということでこの日の処置は終わりました。

この日から、食事はもちろんのこと、水分も禁止!!
うがいだけはOK!(笑)

喉の痛みは日に日に増し、声もだんだん出せなくなってきてしまいました。
やっと出た声もダミ声(笑)

私、この先どうなるんだろう?
やっぱり手術になってしまうんだろうか・・・。
ガスが出てくれると良いのに・・・。
いろいろな不安ばかり頭をよぎっていました。
抗鬱剤を止めている影響もかなりあったと思います。

こんなことばかり考えてしまって、夜も痛みと不安で寝られない状態。
チューブの影響で、つばを飲み込むだけで喉に痛みが走ってしまうんです。

先生に相談して、点滴の眠剤だけはなんとか入れてもらえることになりました。

そして、11日の朝。イレウス管を挿入して1週間。
全く良くなる気配も無く・・。

レントゲンなど、いくつかの検査をした後、
先生から「手術しちゃいましょうね」と。

「やっぱり・・・・・。(´д`lll)」

手術開始はその日の午後1時半頃だったでしょうか。
手術と決まってから、手術をするまでの間、
あまり深く考える時間もなかったので、気持ちは意外と落ち着いていたかも知れません。

では・・・この続きはのちほど!^^

ちなみに・・このチューブはおよそ2mもの長さが体内に入っていたんだそうです。
040.jpg

断酒 1,279 
いつも応援ありがとうございます^^
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。
スポンサーサイト
2011.02.03 (Thu) 14:08  |  腸閉塞  |  Comment(4)  |  Trackback(0)

コメント

ご無事で何よりです

mammyさん、退院 おめでとう ございます m(_ _)m

私は てっきり、婦人科系で 再入院なさったのかと

思って おりました。

手術、大変でしたね・・・・(;_;)

しばらくの間、流動食の生活のようですが、ご主人に

美味しい お粥を 作って いただいて下さいね♪


お話が 変わりますが、実は 2011年2月3日は、

『旧正月では 1/1の元旦』に あたります。

私の住む ベトナムを はじめ、日本を除く アジア諸国では

旧正月を 祝うのが 主流です。

ですので、mammyさんも 「旧正月で 仕切り直し♪」と

いうことで、いかがでしょう? (^-^)/

今年も、mammyさんに とって、良い一年で ありますよう。

m(_ _)m

レナ |  2011.02.04(金) 01:47 | URL |  【編集】

レナさんヘ

レナさん、あけましておめでとうございます^^
なんとか無事に帰ってこれました(笑)

今回の腸閉塞は、以前子宮筋腫の際、子宮を摘出したことが影響していたようです。
後日、記事に書くつもりでいるのですが、
子宮摘出後、残っていた卵巣に、腸がかなり癒着してしまっていたらしいのです。

腸閉塞は開腹手術を経験した人に起こる確率が高く、
私の場合も、不摂生もあったのかも知れませんが、
前回の手術の影響が大きかったようです。

今は、流動食ではなく、少し制限のある食事・・というくらいでしょうか。
そんなに苦労は無いです^^
ご心配ありがとうございます<(_ _)>

> ご主人に美味しい お粥を 作って いただいて下さいね♪
そうしてもらえたらどんなに楽か・・・・(笑)
退院当日から食事作りに励んでますよ(*^^)v

レナさんのおっしゃった2月3日。旧正月の元旦ですね?
私もこの日を今年の始まりと考え、今年一年を前向きに過ごしていきたいと思います。

レナさんにとっても今年一年、素晴らしい年でありますように♪♪

コメントありがとうございました~(^O^)/
mammy |  2011.02.04(金) 10:52 | URL |  【編集】

抗うつ剤&眠剤無しだったの??v-399
余計、不安になっちゃうわけだよね。

直径5~6ミリのチューブが2メートル、、
ゾッとするよ、、
よく耐えたねっ! 偉い~!

私だったら・・・ 絶対パニックだよ;
マスクするだけで、窒息感を感じるくらいだし;

P.S コメント投稿の、数字入れるところ無くなったね~。
光 |  2011.02.04(金) 18:41 | URL |  【編集】

光さんへ

こんにちは^^
返事が遅くなっちゃってごめんね(^_^;)
少し気持ちが落ちてきちゃったみたい・・。
でも、アパートに戻って、少しはリラックスしたかな^^

元旦から、抗うつ剤&眠剤が全部ストップ・・。
腸の動きが悪くなっちゃうとかで、飲めなかったの~(>_<)
かなり精神的におかしくなってきちゃって、
思考回路もストップしちゃうくらい何も考えられなくなっちゃったんだ
不安のオンパレードだったかも(笑)

体を治すためには仕方なかったんだけど^^

> P.S コメント投稿の、数字入れるところ無くなったね~。
うん、なんでなのか私も解らないんだよね。
ちゃんと認証の数字を入力するように設定してあったはずなんだけど・・。

コメ、ありがとね~~~~(^^)/
mammy |  2011.02.06(日) 16:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://my40120.blog50.fc2.com/tb.php/573-b176ccba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |